NINJA B.A.T.

ニンジャ・バット


コブラ B.A.T.
コードネーム ニンジャ・バット
専門分野 エクストリームコンバット
COBRA B.A.T
CODENAME NINJA B.A.T
SPECIALITY Extreame combat
2005年後半に、Soldier Action Figure Assortmentの第1弾商品として発売された。
B.A.T.とはBattle Android Trooper(バトル・アンドロイド・トルーパー)の頭文字をとった略称で、コブラの主力兵士となる。いわゆるやられ役。
ニンジャ B.A.T.はストームシャドウ指揮下の忍者型B.A.T.。
■パッケージ
■フェイス
■ボディ
アンドロイド兵士らしく、本体にギミックが集中している特異な構成となっている。
可動個所は首(ボールジョイント)、腰(横ロール)、両肩(2軸複合)、右肘、両手首、両膝、(以上全て前後可動+横ロール)、両足首(ボールジョイント)。後述のギミックのため、左肘は可動させることができない。
ハードポイントは背中に4個所。
・チェストオープン
胸部の装甲を外して、内部メカを露出させることができる。やられメカなりのダメージ表現だと思われる。
・鉤爪
左右肘のスイッチを押しこむと、スプリングで袖部分から鉤爪が飛び出す。
・グラップリングクロー
左腕はワイヤーが仕込まれており、引っ張ると伸ばすことが出来る。このギミックのため、左肘には可動ポイントが仕込まれていない。(構造上横方向に回転させることは可能)
腹部のボタンを押すと、ワイヤーを巻き取ることが出来る。

■装備品
・Robotic Sword(ロボティック・ソード)
柄部分に5mmジョイントがあり、ハードポイントに装備することができる。
・Daggers(ダガー)
二本一組の短剣。中心で組み合わせて一本の剣として使うこともできる。
柄部分に5mmジョイントがあり、ハードポイントに装備することができる。

・ライフル
先端部に銃剣を備えたライフル。特にテックスペック上や取説で名称は設定されていない。
右側側面に5mmジョイントがあり、ハードポイントに装備することができる。